挑戦する企業 ー 生活協同組合コープこうべ 日常の接点から「困りごと」をすくい上げ、地域から必要とされる存在であり続けたい

コロナ禍で生活インフラとして見直された生活協同組合は、消費者が主体的に運営する相互扶助組織である。かつては主婦たちの交流の場として地域コミュニティの活性化にも貢献してきたが、高齢化や過疎化が進む中、新たな役割が求められる。生活協同組合コープこうべが実践する「地域から求められる組織づくり」とは。


この続きは、InfoLounge会員限定コンテンツです。

続きを見るには、会員登録(無料)が必要です。すでに会員の方はログインしてください。

会員登録・ログイン

※新規登録時は、会員登録完了までにお時間をいただく場合があります。

プロフィール

SMBCマネジメント+編集部

SMBC経営懇話会 特別会員のお客さまへ毎月お届けしている会報誌です。旬のテーマを取り上げる特集記事、人を育てる(人材育成についてのインタビュー)、注目企業の紹介など、お客さまの経営課題解決に役立つ情報をお届けいたします。