ティーペック株式会社 鼠家和彦 代表取締役社長兼CEOインタビュー 経営者こそ社外で学び続けよ──「SMBC経営セミナー」で得た、かけがいのない人脈と気づき

SMBCコンサルティングでは経営層向けに実践的なノウハウを提供する「SMBC経営者研究会経営セミナーコース(以下、SMBC経営セミナー)」や、経営者同士の研鑽と交流を目的とした「SMBC経営者研究会(以下、SEC=SMBC Executive Club)」を運営。ここでの学びは、経営現場でどう活かされるのか──SEC会員であるティーペック株式会社の鼠家 和彦代表取締役社長兼CEOに伺いました。



“新しい健康インフラ”を目指す、ティーペック株式会社


1989年創業のティーペックは、24時間・年中無休で医師や、保健師・看護師等の有資格者に健康医療相談ができるコンタクトセンターを運営し、セカンドオピニオンの手配やメンタルヘルスカウンセリング、生活習慣病の重症化予防などに寄与する事業を展開しています。


鼠家 「約130名の看護師と約90名の心理カウンセラーを擁し、いつでも気軽に健康相談ができる体制を整えています。1,500以上の団体・企業様などとお付き合いがあり、企業の福利厚生としてサービスを利用される場合もあれば、保険会社の付帯サービスやカード会社様がゴールド会員やプラチナ会員向けのサービスとして提供されるケースなどもあります」


2015年の労働安全衛生法改正により、企業にストレスチェックが義務づけられたり、コロナ禍以降は従業員の健康に気を配る企業が増えたりした背景から、近年はメンタルケアやカウンセリングサービスの提供を始める企業が急激に増加。しかし、当該分野で30年以上にわたり事業を展開してきたティーペックには、独自の強みがあるといいます。


鼠家 「われわれは、“人のからだとこころは切り離せない”という考えから、看護師と心理カウンセラーの両方を置くことを強みとしています。実際、体の不調を訴える相談者とお話する過程で、背景にストレスの問題があることを看護師が察し、心理カウンセラーと連携して対処する、というケースもあります」


こうしたサービスを展開するティーペックでは、“日本の新しい健康インフラになる”というビジョンを掲げています。


鼠家 「日本は医療費が安く、医療機関にアクセスしやすいという利点があります。一方で、たとえば“がん”というキーワードでウェブ検索すると数千万件以上の検索結果が表示されるなど、自分に最適な情報を選び取るのが難しい状況にあります。


そこで、各種専門の医療機関とも提携している私たちの存在を通して、相談者の方が最短で最適な医療に到達できるようお手伝いできればと思っています」


こう語る鼠家社長が現職に就任したのは、2020年11月のこと。30年以上の歴史を引き継ぎつつも、サービスや組織をより洗練されたものにしていくために、社内のディスカッションを大事にしているといいます。


鼠家 「活発なディスカッションをするためには、フラットな組織作りが欠かせません。その一環として、役職で呼び合うことを廃止し、私自身も社員から『鼠家さん』と呼んでもらっていますし、社長室の扉は常に開けたままにしています。


また先日は、『テレワークをどのような割合で続けていくべきか』というテーマのワークショップに参加し、メンバー層と話し合いました。トップダウンではなくボトムアップで組織を変えていくためには、経営層だけでなく現場の社員と定期的にコミュニケーションを取ることが大事だと思っています」



1年間で100人以上の経営者ネットワークを形成