新春特別インタビュー — アイリスオーヤマ会長・大山健太郎氏  【前編】徹底して生活者視点を貫き「ユーザーイン発想」で新たな市場を創る

新型コロナウイルス感染症の蔓延という未曽有の事態の中、過去最高の売上高を達成したアイリスオーヤマ株式会社。創業から60年、これまで独自の路線を貫き、大きな成長を遂げてきた。その要因は、経営者の手腕によるところが大きいと見られがちだが、「先見の明などないし、仕組みづくりこそが重要だ」と同社の礎を築いた代表取締役会長の大山健太郎氏(写真上)は話す。“強さ”の秘訣である「仕組みづくり」と、類いまれな商品開発力を支える「ユーザーイン発想」について、たっぷりと語っていただいたロングインタビュー前編。


この続きは、SMBC経営懇話会 特別会員限定コンテンツです。

SMBC経営懇話会の特別会員企業に所属されている方は、会員IDを連携させることで、限定コンテンツの閲覧が可能になります。
?会員種別について

続きを見るには、InfoLounge会員登録(無料)および、SMBC経営懇話会会員IDとの連携が必要です。すでに会員の方はログインしてください。

InfoLounge会員登録・ログイン

※新規登録時は、会員登録完了までにお時間をいただく場合があります。

次ページ大切なのは、生活者の代弁者としての視点を心がけること
  1. 1
  2. 2

プロフィール

SMBCマネジメント+編集部

SMBC経営懇話会 特別会員のお客さまへ毎月お届けしている会報誌です。旬のテーマを取り上げる特集記事、人を育てる(人材育成についてのインタビュー)、注目企業の紹介など、お客さまの経営課題解決に役立つ情報をお届けいたします。