人を育てる ー 宮入 小左衛門行平 「なぜ刀をつくり、どう生きるのか」根本的な問いで自問自答を促す

武器として使われなくなった今も、美術工芸品として輝きを放ち続けている日本刀。現在、全国に200人ほどしかいない刀工(刀鍛冶)になるには、まずは5年以上の地道な修業が必要だ。価値観の多様化が加速する社会で、次代の作刀を担う人材をどう育てるのかを全日本刀匠会の会長・宮入小左衛門行平氏に聞いた。(写真=弟子の相槌で鍛錬を行う宮入氏〈左〉。現在は機械を使って、一人で鍛錬を行う刀鍛冶が多いが、「弟子の修業には、これが一番いい」と語る)
この続きは、SMBC経営懇話会 特別会員限定コンテンツです。

SMBC経営懇話会の特別会員企業に所属されている方は、会員IDを連携させることで、限定コンテンツの閲覧が可能になります。
?会員種別について

続きを見るには、InfoLounge会員登録(無料)および、SMBC経営懇話会会員IDとの連携が必要です。すでに会員の方はログインしてください。

InfoLounge会員登録・ログイン

※新規登録時は、会員登録完了までにお時間をいただく場合があります。

プロフィール

SMBCマネジメント+編集部

SMBC経営懇話会 特別会員のお客さまへ毎月お届けしている会報誌です。旬のテーマを取り上げる特集記事、人を育てる(人材育成についてのインタビュー)、注目企業の紹介など、お客さまの経営課題解決に役立つ情報をお届けいたします。