リモート営業によって懸念される「営業の属人化」。促進を防ぐために企業が講じるべき対策とは

株式会社コミクス(以下、コミクス)は2021年10月10日、企業の経営者・役員に対して行った、「営業マン成果の属人化」に関する調査の結果を発表した。調査期間は2021年9月22日~24日で、新卒を毎年5名以上採用し、オンライン営業を実施している企業の経営者・役員104名から回答を得た。これにより、営業活動における属人化の実態や、企業の対策などが明らかとなった。


この続きは、InfoLounge会員限定コンテンツです。

続きを見るには、会員登録(無料)が必要です。すでに会員の方はログインしてください。

会員登録・ログイン

※新規登録時は、会員登録完了までにお時間をいただく場合があります。

プロフィール

PRO-Q 編集部

PRO-Qは「人事/営業・マーケティング/経営者/財務・経理/ITエンジニア」の職種に特化したアンケートメディアです。 職種ごとのサイト展開で、専門テーマのアンケートを毎日実施中。編集部が厳選したトレンドニュースやアンケート調査レポート、PRO-Q著名人インタビューなどを掲載中。