人を育てる  ー 藤澤 一就 長所を伸ばす指導で「世界で勝てる」囲碁棋士を育成する

囲碁棋士として対局を重ねながら、子どもたちに囲碁を指導し、二十余年で15人のプロ棋士を育てた藤澤一就氏。囲碁界の人材育成に情熱を注いだ師匠である父の故藤沢秀行名誉棋聖から、何を受け継ぎ、次世代に何を伝えているのか。(写真=藤澤氏が主宰する「新宿こども囲碁教室」では現在、約170人が学ぶ。早い子は5、6歳からプロを目指す)


この続きは、SMBC経営懇話会 特別会員限定コンテンツです。

SMBC経営懇話会の特別会員企業に所属されている方は、会員IDを連携させることで、限定コンテンツの閲覧が可能になります。
?会員種別について

続きを見るには、InfoLounge会員登録(無料)および、SMBC経営懇話会会員IDとの連携が必要です。すでに会員の方はログインしてください。

InfoLounge会員登録・ログイン

※新規登録時は、会員登録完了までにお時間をいただく場合があります。

プロフィール

SMBCマネジメント+編集部

SMBC経営懇話会 特別会員のお客さまへ毎月お届けしている会報誌です。旬のテーマを取り上げる特集記事、人を育てる(人材育成についてのインタビュー)、注目企業の紹介など、お客さまの経営課題解決に役立つ情報をお届けいたします。

受付中のセミナー・資料ダウンロード・アンケート